南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:渡辺謙

    世界の柳楽優弥!『許されざる者』でヴェネチア映画祭へ [シネママニエラ]第70回ヴェネチア国際映画祭特別招待作品の映画『許されざる者』が、9月6日(現地時間)深夜にプレミア上映された。同地には主演の渡辺謙のほか、柄本明、柳楽優弥、李相日監督が訪れ、レッドカーペットには渡辺の妻である南果歩、柄本の妻である角替和枝を伴って登場した。世界のケンワタナベの登場とあってレッドカーペットでは、サインを求めるファンの数も多く賑わった。

    【世界の柳楽優弥、『許されざる者』でヴェネチア映画祭へ】の続きを読む

    渡辺謙[シネママニエラ]映画『許されざる者』のジャパンプレミアが2日、東京国際フォーラムで行われ、主演の渡辺謙をはじめ、佐藤浩市、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大、そして李相日監督の総勢11名が出席し舞台あいさつを行った。

    【渡辺謙、会心の笑み!李相日版『許されざる者』は「血と汗と涙の結晶!」】の続きを読む

    映画『シャンハイ』舞台挨拶にて、菊地(左)と渡辺。写真2点、撮影:南樹里8月16日、“アジア版『カサブランカ』”と名打った、米中合作映画『シャンハイ』特別試写会が催され、国際派俳優&女優の渡辺謙と菊地凛子、そしてミカエル・ハフストローム監督が初来日し上映前の舞台挨拶に登壇した。監督が渡辺と菊地のことを「こんなにファニーな方とは思わなかった」と語るだけあり、2人は初共演だと感じさせることなく、壇上でユーモアのセンスを発揮した。

    1941年、太平洋戦争開戦前の上海。 親友コナーの死の謎を究明するため、米国諜報員ポール(ジョン・キューザック)は上海へ。裏社会のボス(チョウ・ユンファ)とその妻アンナ(コン・リー)、日本海軍大佐のタナカ(渡辺謙)、コナーの愛人スミコ(菊地凛子)らに接触を図る。

    【渡辺謙&菊地凛子、アジア版『カサブランカ』をPR/映画『シャンハイ』舞台挨拶】の続きを読む

    俳優・渡辺 謙、映画『シャンハイ』では「久しぶりに闇の部分を前面に出した役」。日本が世界に誇る俳優・渡辺 謙&菊地凛子が出演した、米中合作映画『シャンハイ』が、8月20日(土)に日本公開することが決定しました。

    今回、渡辺は米国諜報部員を執拗に付け狙う、冷酷で謎めいた日本人将校を全編ほぼ英語セリフ(一部日本語)で演じており、そのことについて、「ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファらとしびれるような撮影をしてまいりました。久しぶりに闇の部分を前面に出した役をやらせてもらいました。少し違う一面を御見せできると思います」とコメントを寄せました。
    【世界の渡辺謙&菊地凛子が共演した、米中合作映画『シャンハイ』が8月20日日本公開へ】の続きを読む

    7b248490.jpg
    7月21日、六本木のザ・リッツカールトン東京で映画『インセプション』来日記者会見が行われ、主演のレオナルド・ディカプリオと共演の渡辺謙、そしてクリストファー・ノーラン監督、プロデューサーのエマ・トーマスが出席しました。
    【脳活映画『インセプション』来日会見、「6割は手持ちカメラ」のアナログ撮影だった】の続きを読む

    db3c0596.jpg
    『インセプション』は、レオナルド・ディカプリオと渡辺謙が初共演する、次世代アクション・エンタテインメント超大作。

    製作費1億6千万ドルの巨額を投じた本作は、『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が贈る、この夏の話題作。現在、編集作業がクライマックスを迎えているそうです。

    実は、ノーラン監督が16歳の頃から思い巡らしていたアイデアを元に、自ら脚本を執筆しているのです。この世で最も価値のあるもの=【想像(アイデア)】を巡り、頭の中で繰り広げる次世代の犯罪を描いています。


    遂に明らかになった!≪革新的なストーリー≫
    【レオナルド・ディカプリオ主演映画『インセプション』の革新的なストーリーが解禁に】の続きを読む

    このページのトップヘ