南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:織田裕二

    織田裕二、踊るシリーズラスト宣言!「大切なものは、いつも胸(ここ)に」本日、9月1日放映のスペシャルドラマ「踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」がドラマ版最終章を迎える「踊る」シリーズ。絶大な人気を誇る同シリーズ映画版の最終章となる『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』完成披露試写会が、8月23日に東京国際フォーラムで行われ、15年に渡って主人公・青島俊作を演じた織田裕二は「大切なものは、いつも胸(ここ)に」と自身の胸に手を当てて、シリーズのラストを宣言し、名残惜しむファンにメッセージを残した。
    【織田裕二、踊る大捜査線ファイナル宣言!「大切なものは、いつも胸(ここ)に」】の続きを読む

    西谷監督(左)、織田(中央)、駐日スペイン大使 @執務室にて8月2日、映画『アンダルシア 女神の報復』主演の織田裕二と西谷弘監督が、港区にあるスペイン大使館に表敬訪問をおこない、駐日スペイン大使であるミゲル・アンヘル・ナバーロ・ポルテラ閣下に謁見。織田と西谷監督は、外交官・黒田康作に携わっただけに、絶妙な“外交手腕”を発揮して日西交流を深めた。

    この訪問は、同作の舞台となり、ロケも行った国であるスペインに対し感謝の意を述べること、そして当初の公開スケジュールを延長するほどの大ヒットとなった報告を行うため。なお、同大使館が邦画の表敬訪問を受け入れるのは、今回が初めてとのこと。

    大使の執務室では、織田が“サイン入り記念パネル”を、そして西谷監督が“サイン入りカチンコ”を、閣下に手渡した。

    【織田裕二(外交官・黒田康作)外交手腕を発揮!/『アンダルシア 女神の報復』ヒットの表敬訪問】の続きを読む

    織田(左)、黒木、伊藤、映画『アンダルシア 女神の報復』の完成披露試写会にて。撮影:南樹里6月8日、映画『アンダルシア 女神の報復』の完成披露試写会が東京国際フォーラムで行われ、出演者の織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、西谷弘監督、そして主題歌を担当したイル・ディーヴォが登壇し舞台あいさつを行った。

    映画『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」といった、外交官・黒田康作シリーズとも言える同作。主演の織田は満面の笑顔全開で、共演の伊藤や黒木のぶっちゃけ?!発言に対しても、“ジェントルマン”を貫いていた。
    【織田裕二、笑顔全開で“ジェントルマン”を貫く/映画『アンダルシア 女神の報復』完成披露試写会】の続きを読む

    このページのトップヘ