南樹里の“映画評マニエラ”

――powered by livedoor News――

    FeedWind
    [重要]移転のお知らせ

    ▼シネママニエラは移転し新しいサイトは以下となります
    約8秒後に自動的に移転します、もし移転しない場合はURLをクリック願います https://www.cinemaniera.com/
    シネママニエラ ▼お手数おかけしますが、RSSの再登録もお願いします
    https://www.cinemaniera.com/feed/

    タグ:英国王のスピーチ

    映画『英国王のスピーチ』がSAG賞に! 写真はロンドン映画祭での同作ご一行1月30日(現地時間)、SAG賞こと、全米映画俳優組合賞(the 17th Annual Screen Actors Guild AwardsR)が発表されました。同賞には映画部門とテレビ部門がありますが、映画部門をご紹介します。

    連日、映画賞の候補リストをお届けしていますが、同業者から認められるという本賞は、俳優陣にとって格別な位置づけにあると言えます。実際、来日した某スターは、「オスカーよりも嬉しい」と本音を漏らしたこともありますので。

    会員数約10万人と言われる俳優・女優が選ぶ、素晴らしい仕事をした同業者とは?
    【第17回SAG(全米映画俳優組合)賞発表!/同業者が選ぶ2010年最高の演技は?】の続きを読む

    ナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャーの恋愛映画『抱きたいカンケイ』c 2010 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.第83回アカデミー賞ノミネーションが発表されたこともあり、掲載が遅くなりましたが、1月23日全米トップ10では、旬の女優が製作総指揮と主演を務めることで、圧倒的な女性支持を得た恋愛映画が初登場で首位になりました。 【『抱きたいカンケイ』初登場で首位!【予告編付き1月23日全米トップ10】】の続きを読む

    第83回アカデミー賞授賞式の司会を務めるジェームズ・フランコとアン・ハサウェイ。cBob D'Amico / ABC /83rd Academy AwardsR1月25日、第83回アカデミー賞ノミネーションの発表が行われ、米国映画芸術科学協会会長のトム・シェラックと映画『プレシャス』で昨年の助演女優賞に輝いたモニ-クが、サミュエル・ゴールドウィン・シアターにて、本年の候補をアナウンスしました。

    2月28日受賞結果・速報はこちらにて】

    今年は、web中継のホストをABCテレビのクリス・ハリソン&エンターテイメント・ウィークリー誌の記者デイヴ・カージャーが務め、2010年度の業界傾向と、それがいかに本選考に反映されたか、などを語りました。

    投票権を持つ会員は、5,755名。授賞式は、2月27日(現地時間)、コダック・シアターにて、俳優ジェームズ・フランコと女優アン・ハサウェイの司会により開催されます。日本は、2月28日午前9時30分よりWOWOWにて放映されます。
    【第83回アカデミー賞ノミネーション一覧/速報】の続きを読む

    d276cb52.jpg
    キング牧師の名誉を称えた祝日を含んだ週末の米・興業収入ですが、前年比マイナス25パーセントの収益となった模様です。
    日曜には、ビバリーヒルズでゴールデングローブ賞授賞式も行われ、受賞効果で順位を上げた作品もあります。

    今週、初登場でランキングのトップ2を飾ったのは、往年の全米大ヒットTVドラマシリーズの3D映画化と、ロン・ハワード監督が原点回帰したとされるドラマです。

    【『グリーン・ホーネット』初登場で首位!【予告編付き1月16日全米トップ10】】の続きを読む

    コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』が、公開3週目にして首位を奪還!c2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.コーエン兄弟の最新作が、公開3週目にして首位を奪還しました。客層は65%が男性で、その内、70%が25歳以上を占めており、まさしく大人が観る名作として浸透し始めている模様。

    初登場でランクインを果たしたのは、ニコラス・ケイジとロン・パールマンによるアクション・アドベンチャー。12月に限定公開した、グウィネス・パルトローと『トロン:レガシー』のギャレッド・ヘドランドが共演したカントリー・ミュージシャンを題材としたドラマが公開スクリーンを増やして、前週の43位から大幅ランクアップしています。 【『トゥルー・グリット』公開3週目に首位奪還!【予告編付き1月9日全米トップ10】】の続きを読む

    2011年4月2日公開の3D映画『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』より。c 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.年末年始の全米興行ランキングは、新作は浮上せず。ほぼ前週と同じ結果になりました。(画像は、2011年4月2日公開の3D映画『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』より)。

    ただし、賞レースにおいて、グングンと注目度が高まっている作品(『ブラック・スワン』『英国王のスピーチ』)が追い上げ中。しかも、『英国王のスピーチ』は、オスカー作品賞候補も夢ではなくなってきた模様です。
    【『ミート・ザ・ペアレンツ』第3弾『リトル・フォッカーズ(原題)』がV2首位!【予告編付き1月2日全米トップ10】】の続きを読む

    日本公開未定の映画『ザ・ファイター(原題)』実在のボクサーを描いた作品12月16日早朝(現地時間)、SAG賞こと、全米映画俳優組合賞(the 17th Annual Screen Actors Guild AwardsR)のノミネーションが発表されました。同賞には映画部門とテレビ部門がありますが、映画部門をご紹介します。

    連日、映画賞の候補リストをお届けしていますが、同業者から認められるという本賞は、俳優陣にとって格別な位置づけにあると言えます。実際、来日した某スターは、オスカーよりも嬉しいと本音を漏らしたこともありますので。

    会員数約10万人と言われる俳優・女優が選ぶ、素晴らしい仕事をした同業者とは?

    【第17回全米映画俳優組合賞ノミネート発表!/同業者が選ぶ2010年最高の演技は?】の続きを読む

    5daf10ff.jpg
    昨日のLA批評家協会賞に続き、NY批評家協会賞も『ソーシャル・ネットワーク』を選出しました。

    最優秀男優賞のコリン・ファース『英国王のスピーチ』と最優秀外国語映画賞 "Carlos"以外はすべて異なる結果になっているのも興味深いですね。

    【『ソーシャル・ネットワーク』がNY映画批評家協会賞に! 】の続きを読む

    最多ノミネートの『英国王のスピーチ』は2011年春日本公開予定 c2010 See-Saw Films. All rights reserved.12月14日(現地時間)、第68回ゴールデングローブ賞ノミネーションが発表され、映画界の賞レースが、佳境を迎えました。

    【1月16日、第68回ゴールデングローブ賞結果速報こちら

    同賞で、最多7部門にノミネートされたのは、『英国王のスピーチ』でした。6部門ノミネートで追随する『ザ・ファイター(原題)』と『ソーシャル・ネットワーク』。その次に4部門でノミネートされたのは、『ブラック・スワン』、『インセプション』『キッズ・オールライト』となっています。

    【第68回ゴールデングローブ賞ノミネート発表!】の続きを読む

    2011年春、日本公開予定の『ブラックスワン』(c) 2010 Twentieth Century Fox.AFIことアメリカ映画協会(American Film Institute)による2010年ベスト10受賞作が発表されました。

    なお、本賞はすばらしい10作品ということで、順位づけはなされません。 【アメリカ映画協会、2010年ベスト映画10作を発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ