ミッキー・ロークトニー・スタークを憎悪の目で見つめる男“ウィップラッシュ”を怪演したのは、ミッキー・ローク。


写真は、12年ぶりに映画『シン・シティ』でPR来日したときのもの。
一瞬だけサングラスをはずしたときに激写!
きゅとかみしめた口元、つぶらな瞳がキュートです。

80年代は映画『ナイン・ハーフ』などで、セクシー俳優として名を馳せていました。

その後、不遇な人生を歩むことに……。

そして、映画『レスラー』の主人公を演じ、第65回ヴェネツィア国際映画祭において、主演作の『レスラー』(監督:ダーレン・アロノフスキー)が最高賞に当たる金獅子賞を受賞しました。

また、ミッキー・ローク自身もゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)などを受賞し、アカデミー主演男優賞にノミネートされたことで、俳優として再起をはかることに成功しました。


彼の波乱万丈の人生……

【ミッキー・ロークにときめく映画『アイアンマン2』】の続きを読む